NIPPON IT Charity EKIDEN

第3回 2012.11.4 sun 東京都立潮風公園・太陽の広場周辺


NITとは?

IT業界が活力溢れる元気な業界として認知される一方で、その特殊な業態から、「社会的に立場の弱い未就労者」を生みだしてしまっているという事実はあまり知られてはいません。うつ病の増加は「IT業界から始まった」とも言われています。

こうした未就労者を1人でも多く社会に復帰させることを目的に2010年 チャック・ウイルソンによって「NIPPON IT チャリティ駅伝」が企画されました。

「駅伝」というスポーツを通じて、同じ目的に向かって参加者同士が助け合い、励まし合い、そして、未来を担う若者たちを支え合い、つながり合い、今を乗り越えようとする若者を支援したい。それが「NIPPON IT チャリティ駅伝」のテーマです。

仲間が励ましあい、協力しあいながらタスキを繋いでゆく駅伝の精神は、福祉=「人が幸せに暮らすために支え合うこと」に通ずるものがあるのです。

★あなたの走りが一人の若者を救います★

一人でも多くの方々の社会復帰のために・・・。今、走ろうとするあなたの第一歩が笑顔で満ちた日本の未来を創りだします!

たくさんの方々のご参加をお待ちしております。

この大会で得た収益は、「うつ病」「ひきこもり」の方々の就労支援をしているNPO団体FDA (Future Dream Achievement)に寄付されます。

1人の参加費(3000円)によって、現在就労に悩んでいる方が1日就労トレーニングを受けることができます。

また東日本大震災・熊本地震・鳥取中部地震で被災された地域復興支援として役立てられます。

【第9回大会寄付結果のお知らせと『目録』贈呈の様子】
NIPPON ITチャリティ駅伝から以下記載の各団体に寄付させて頂きました。

 ご支援いただきました皆様に心より感謝いたしますとともにご報告申し上げます。

 

【1】西日本豪雨支援

〇コミサポひろしま 50万円

 ※コミサポひろしま公式Facebook

   → https://www.facebook.com/comsup.hiroshima/

 


前列左が代表の小玉幸浩さん。女性と、後列左の男性は地元 呉のメンバー、後列右は久留米からいつも駆けつけてくれる メンバーだそうです。やや緊張の面持ちで(^0^)

※コミサポひろしまとは?

 2014年8月20日発生した「広島土砂災害」を契機に立ち上がった団体で広島、常総、熊本と広範囲に渡り重機を使った被災地支援やイベントで皆さんを笑顔にする活動を実施。

 

【2】東北復興支援

〇認定NPO法人いわき放射能市民測定室 たらちね 50万円

※いわき放射能市民測定室 たらちねHP → https://tarachineiwaki.org/

事務局長の鈴木さんと

クリニックの藤田院長と

 

※実際の計測測定をしている皆さんや、クリニックを拝見でき本当に素晴らしい 活動をされていることを身をもって感じました。 お子様だけではなく、お母様達の心のケアも行っているそうです。

 


 

 

  • 大会実行委員長チャック・ウィルソン あなたの走りが一人の若者を救います!

▲TOP